風神マイニングジャパン|マイニングマシンの販売・機材導入

マイニングについて

マイニングをすることで報酬がもらえる

マイニングとは

マイニングとは

マイニングとは日本語で採掘を意味します。
ビットコインをはじめとする仮想通貨を報酬として得る仕組みが地中の鉱物などを掘り出す様子と似ていることからマイニングと呼ばれているといわれています。

仮想通貨には円やドルに対して銀行が行っているような中央管理を行う機関がありません。
その取引は世界中に点在する多数のコンピューターがブロックチェーン技術を用いた膨大な計算式を解いて承認作業がなされることによって成り立っています。

処理が行われたコンピューターの所有者には、その処理量に応じて新規発行された仮想通貨が報酬として与えられます。
この一連の流れがマイニングです。

なお、マイニングによって行われる処理には「仮想通貨の新規発行」と「取引の承認」があります。

「仮想通貨の新規発行」とは一連の処理情報を含んだブロックを生成する作業であり、このトランザクションデータはハッシュ値というデータで保管されます。

また、「取引の承認」とは日々追加される取引がブロックチェーンに記録される際に、現在までのデータと追記の対象期間に発生した全ての取引データの整合性を取る必要があり、それを検証していく作業のことをいいます。

マイニングマシンの性能

マイニングマシンの性能

マイニングではブロックチェーンの安全性を高めるために、膨大な数学的計算を繰り返し、マイニングが成功するような「ナンス」と呼ばれる数値を探索します。

ある単純な計算をパラメーターを変更しながら総当たりで繰り返して探索していく過程で、ブロックヘッダー部分のハッシュ値が特定の条件を満たす場合にマイニングが成功したとされます。

この計算を行うためには多くのリソースが必要となり、そしてこのことから特定の「ナンス」を探し当てる探索難易度があます。

この探索難易度の攻略のキーとなるのが、マイニングマシンの計算力の測定単位であるハッシュレートです。

hash/s(1秒間に計算できるハッシュ数)という単位が使われ、K(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)といった単位が使われます。

ハッシュレート1TH/sとは、1秒あたり1兆回ハッシュの計算を行うことができるということです。